ハロウィンのお菓子の配り方は?喜ばれる種類と量はどれくらい?

   

ハロウィン

ハロウィンと言えば、かわいい仮装をした子供たちが「トリック・オア・トリート(Trick or Treat?)」と言いながらお菓子を貰いに来ますよね。

せっかく来てくれた子供たちに喜んでもらえるお菓子の種類と量、そしてアイデア満載の配り方を調べてみました。

スポンサードリンク
  

ハロウィンのお菓子の配り方はどうすればいいの?

日本でもだいぶんとおなじみになってきたハロウィン。なんといっても子供たちがお菓子をもらいに回る姿はとてもかわいいものです。

家を訪ねてきてくれた子供たちには、お菓子を配ってあげるのがハロウィンの楽しみ方ですよね。

よく外国のテレビや映画では玄関先に大きなお菓子入れを用意して、その中にキャンディーやチョコ、ビスケットを入れておいて、子供たちがやってきたらそこからガサっとつかみとって上げているシーンがあります。

同じようにお家で大きめの入れ物に、お菓子を入れて用意しておくといいと思います。

日本人的な考え方としては、小さな袋にいろいろな種類のお菓子を詰めて、みんな平等になるようにお菓子の詰め合わせを作ってみたくなりますよね。

でもそうじゃなくて、大雑把に一掴みのお菓子を入れてあげると、子供たちにとっても福袋的な面白さがあると思いませんか?

ちょっと外国の映画っぽく、演出してみると面白いですね。

スポンサードリンク

ハロウィンのお菓子は何種類ぐらい用意する?

お菓子の種類は多ければ多い方がいいと思います。

最近はお菓子業界もハロウィン商法に便乗してるので、ハロウィンが近くなると限定パッケージのお菓子を売り出します。

お買い物時に見つけたら少しずつ買っておくといいですね。

個別包装になっているビスケットやチョコレートは、配る時も衛生的で配りやすいです。

きっとどこのご家庭も同じようなお菓子になってしまうかもしれませんが、それはそれでいいと思います。

楽しむのは子供たちです。みんなが好きなお菓子なら種類がかぶってしまっても全然きにならないですよね。

ハロウィンのお菓子の量はどれくらい?

お菓子の量は、子供たちに行き渡るだけの量にしたほうが良いですよね。

どれくらいの子供たちがやってくるのか事前にわかれば調べておくほうがいいです。

そうすれば用意するお菓子の量の目安もつきますよね。

でも子供たちの人数を把握するのがむずかしい時には、ちょっと多めの量を用意しておきましょう。

お菓子が足りなくて子供たちが悲しい顔をするよりは、余ってしまうほうがいいと私は思います。

余ってしまったお菓子は、ハロウィンが終わった後でもまだ食べれますからね。

まとめ

ハロウィンのイベントの中で子供たちにとっては一番盛り上がるのがお菓子をもらうことです。

用意をするものは大きめのお菓子入れと個別包装になっているお菓子いっぱいです。

外国の映画やドラマのように、お菓子入れからわしずかみにして子供たちのバッグにお菓子を入れてあげるときっとおおよろこびしてくれますよ。

ハロウィンの特集ページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ハロウィン

スポンサードリンク
この記事のURLとタイトルをコピーする

 - ハロウィン
 -