スーパームーン2016今年最後はいつ?2017年は見れないってホント?

      2016/11/01

スーパームーン

スーパームーンは、月が地球に一番接近した時の満月あるいは新月の状態のことで、普通のお月さんよりずっと大きく明るく見えます。

今年最後のスーパームーンが見られるのは11月です。そしてこのチャンスを逃したらしばらく見ることができません。

その貴重なスーパームーンを見逃さないように日程と見える方向をチェックしておきましょう。

スポンサードリンク
  

スーパームーン2016年最後はいつ見れるの?

スーパームーンを見ることができるタイミングは極わずかです。

だいたい1年も1回くらいのチャンスなのですが、一昨年の2014年にはそのチャンスが3回ありました。

それはとてもめずらしいことで、基本は1年に1回です。

その貴重な日が、今年は11月14日です。

今年のスーパームーンは68年ぶりに最接近する月になるので、今までに見たスーパームーンの中で一番大きく見えるはずです。

そのスーパームーンの大きさを感じるためには、比較対象となるものがある方がいいですよね。

上空に上がってしまうと、比較できるものがないので、イマイチ体感できないかもしれません。

それに比べると月が上り始める頃は、地上の建物の間に見えたり、山の上に見えたりと、大きさを比較する建物や山があるので、最接近した大きさを実感しやすいです。

このことから11月14日の月の出の時刻からがスーパームーン観測に最適な時間帯と言えるでしょう。

11月14日の月の出の時刻は

東京 16時40分
大阪 16時59分
札幌 16時22分
福岡 17時22分

になります。

その他の地方はこちらのサイトで確認してみてください。
 ↓ ↓ ↓

スポンサードリンク

スーパームーン2017年は見られないの?

2017年は残念ながらスーパームーンを見ることができません。

見ることができない年のことを「シャイムーンイヤー」といいます。

この11月のスーパームーンを見逃したら、次のスーパームーンは再来年2018年1月1日です。

ぜひとも今年のスーパームーンはベストポジションでみたいですよね。

東京近郊の方なら一番のおすすめスポットが池袋にあるサンシャイン60の展望台です。

スーパームーンが見えるこの時期に、実はもうひとつめったにお目にかかれないダイヤモンド富士も見ることができます。

ダイヤモンド富士は、富士山の山頂部分と沈む太陽が重なる現象のことをいいます。

こんなふうに見える富士山のことです。

サンシャイン60の展望台から富士山まで見えることもびっくりですが、スーパームーンとダイヤモンド富士の両方が見えるのなら、ぜひ行ってみたいですよね。

スーパームーンをサンシャイン60展望台から見てみる

サンシャイン60展望台でスーパームーンとダイヤモンド富士が見える日時は限られていますので、間違えないようにチェックしてくださいね。

◆ダイヤモンド富士&スーパームーン 観覧概要 ◆
観覧可能期間:ダイヤモンド富士:2016年11月13日(日)~11月19日(土)日没時(16時34分頃)
       ※最も山頂に太陽が沈む日:11月16日(水)予定
       スーパームーン:2016年11月14日(月)※18時~19時半頃
       ※上記2件について天候状況によりご覧いただけない場合がございます。
場所:SKY CIRCUSサンシャイン60展望台/東京都豊島区東池袋3-1 サンシャイン60ビル・60F
営業時間:10時~22時(最終入場は終了の1時間前)
入場料金:大人:1,800円/学生(高校・大学・専門学校):1,500円/こども(小・中学生):900円
幼児(4才以上):500円/シニア(65才以上):1,500円

この日程でいくと11月14日の日没のダイヤモンド富士と月出のスーパームーンを狙うといいですね。

まとめ

今年最初で最後のスーパームーンは、11月14日です。来年はスーパームーンを見ることができない「シャイムーンイヤー」となっているので、今年見れなかったら、次回は2018年1月1日になります。

サンシャイン60の展望台では、スーパームーンとダイヤモンド富士を同じ日に見ることができるので、両方共見たい人は、ぜひサンシャイン60へお出かけください。

スポンサードリンク
この記事のURLとタイトルをコピーする

 - イベント:冬
 -