インフルエンザ予防のマスク効果は?有効性は?スプレーは使ってる?

   

マスク

インフルエンザが流行ってくるとマスクをする人が増えますよね。

実際にマスクをしていて予防の効果はあるのでしょうか?

正しい付け方をしないと効果も半減です。そしてマスクに一手間を加えてあるスプレーをかけておけば、よりいっそうの予防の効果が期待できそうです。

スポンサードリンク
  

インフルエンザ予防のマスクの効果は期待できる?

インフルエンザにかかりたくない、そもそも風邪をひきたくないということでマスクをしている人が多いと思いますが、もちろん外からのウイルスの侵入を防ぐ効果があるので、予防にはなりますよね。

そしてマスクの内側は常に湿った状態が保たれるので、これが喉に最適な環境となります。

乾燥して状態のままでいると、喉に粘膜も乾燥してしまい、ウイルスに対する抵抗力が落ちてきます。

そこでマスクをしてみると湿気が保たれているので、喉が常に潤った状態になっています。

その上にウイルスの侵入も最小限に抑えられるので結果としてインフルエンザ予防になっているのですね。

最小限というのは、100%ではないという意味です。

どうしてもマスクと顔の間には隙間ができてしまうので、100%のウイルスを断ち切ることができないのです。

またマスクの付け方も適当な付け方をしていたら、効果は半減どころかほとんどない状態になりかねませんので、マスクは正しくつけるようにしましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザ予防のマスクの有効性を検証

マスクをすることによって外側からのウイルスの侵入を防ぎ、なおかつ内側ではしっかりと喉がうるおっている状態を保つことができるので、風邪やインフルエンザ予防には効果があることがわかりますよね。

でもそのマスクの使い方を間違っていると効果も期待できなくなるので注意が必要です。

先にご紹介したようにマスクを正しくつけることを意識してくださいね。

そして使い切りマスクの場合は、何度も繰り返して使うよりも使い捨てにするほうがいいでしょう。

1日使っていたマスクにはたくさんのあらゆる菌が付着しています。

できれば外出から帰った時に玄関でマスクを外してそのままゴミ箱に直行させるぐらいでちょうどいいです。

その時も直接捨てるのではなく、ビニール袋などに密封したほうがより安心です。

インフルエンザ予防のマスクに使えるスプレーは?

インフルエンザの予防にマスクが有効なことはよくわかりましたが、その効果があるスプレーをかけるだけでもっと効果的することができます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エーザイ エーザイ イータック抗菌化スプレー 20ml
価格:951円(税込、送料別) (2016/12/2時点)

この「イータック(R)抗菌化スプレー」をマスクにスプレーするだけで、インフルエンザウイルスをはじめとした菌がマスクに付着することを防いでくれるのです。

シュッとスプレーするだけなので、本当にお手軽ですよね。

マスクを装着する前に内側と外側の両方に3~4プッシュくらいスプレーをして使います。

そうすると主成分である持続性の抗菌成分(イータック)がマスクにバリアを作ってくれます。

イータックって何かなと調べてみると、広島大学大学院の二川浩樹教授によって開発された特許成分(特許番号第4830075号)だということです。

またこの「イータック(R)抗菌化スプレー」は、サイエンスプロデューサーとしてご活躍中の米村でんじろう先生がメージキャラクターに選ばれています。

この「イータック(R)抗菌化スプレー」は、菌を防いでくれるだけじゃなくて、マスクの気になるにおいも抑えてくれます。

マスクをしているとマスクの中のにおいって気になりますよね。そのにおいの軽減もしてくれるので、このスプレーはぜひ常備しておきたいですね。

まとめ

インフルエンザ予防にマスクを使うことは、外から内から両方の意味で有効です。

正しい付け方をしないとその効果は薄れてしまいますので、しっかりと確認してください。

そしてマスクに専用のスプレーをしておくと、より効果が期待できます。

スポンサードリンク
この記事のURLとタイトルをコピーする

 - 健康
 -