ひな祭りに変わり雛を厳選!おしゃれ雛人形から人気のゴスロリまで

   

変わり雛

ひな祭りの雛人形は今では多種多様化していますよね。

伝統的な5段飾りや7段飾りを飾るスペースもなかなか確保できない住宅事情の中で、コンパクトな雛人形を好むご家庭も多いです。

その形容もさまざまで、伝統的なスタイルにとらわれることがない、ちょっと変わったいわゆる変わり雛も人気を集めています。

いくつかピックアップしてみましたので、変わり雛を探している方は参考にしてくださいね。

スポンサードリンク
  

ひな祭りに変わり雛を飾ってみませんか?

ひな祭りに雛人形はお子さんの健やかなる成長を願って飾られるお人形です。

昔は和室の一角に5段飾り7段飾りという豪華な雛人形が主流でしたが、今ではコンパクトに3段くらいにまとまったものや、お雛様お内裏様の2体だけなどが好まれています。

オーソドックスな雛人形ももちろん素敵なのですが、最近脚光を浴びているのは変わり雛です。

変わり雛の中でも大きく分けて2種類があります。

一つ目は世相を反映した変わり雛で、よくニュース番組で取り上げられたりしていますよね。

変わり雛を作っている会社の代表と言えば「真多呂人形」と「人形の東玉」です。

「真多呂人形」の新作変わり雛はオリンピック関連に広島東洋カープのこと、そしてポケモンGOなどが作られています。

そして「人形の東玉」の新作はオリンピック関連のものやSMAP、ピコ太郎などが並んでいます。

http://www.tougyoku.com/blog/225

「2016年変わり雛」速報 | 人形の東玉(とうぎょく)

これらの世相を反映した変わり雛は個人のお家で飾るというよりも風刺的な意味が強いですよね。

お家で飾れる変わり雛というのは、伝統的な形態のものではなく、現代的な要素が入ったものをいいます。

おじいちゃんおばあちゃん世代の方にはちょっと抵抗があるかもしれませんが、これも世代の流れでしょうか?

こんな雛人形もあるんだなぁと思って見てくださいね。

雛人形おしゃれにこだわった厳選3つ

小花雛10人揃

hinamaturi2-1

これは10人のお人形がコンパクトに納められている雛人形です。

特徴的なのはその並べ方ですよね。互い違いになっている棚に飾られている雛人形は遊び心が満点です。

間口50cm×奥行25cm×高さ56cmのコンパクトサイズなので置き場所にも困らないですね。

小花雛10人揃の詳細はこちら

旭川クラフトの雛人形

旭川のクラフト職人さんが一つ一つ手作りしている木製の雛人形です。

使われている木はすべてが天然木。

DXセットには桐の収納箱もついているので、長期間の保存にも安心です。

間口31cm×奥行16cm×高さ20cmの大きさなので玄関や卓上に置いても大丈夫ですね。

旭川クラフトの雛人形詳細はこちら

ちりめんの雛人形

京都の人形工房「龍虎堂」のちりめんで作られている雛人形です。

もちろん一つ一つが手作りなので、その表情にも変化があって見ていてほっこりします。

間口36cm×奥行18cm×高さ47.5cmの大きさです。省スペースで設置できますね。

ちりめんの雛人形はこちら

雛人形だってゴスロリします

ゴスロリ好きの方ならきっと目が離せないですよね。

豪華なゴスロリひな人形がお目見えしていました!

やはり人気が高かったようで、かなり高額のひな人形でしたが、今は完売しています。

来年再販があるかもしれませんので、手に入れたい方はしっかりとアンテナを張っていてくださいね。

まとめ

雛人形は伝統的なお人形ももちろん人気ですが、最近は変わり雛を好む人も増えています。

住宅事情もともなって、コンパクトサイズであったり、収納のしやすさであったり、気になるポイントはたくさんありますが、ひとつづつクリアにしながら、我が家の雛人形を見つけてくださいね。

スポンサードリンク
この記事のURLとタイトルをコピーする

 - 日本の風習
 -