甘酒は母乳に効果あり!アルコールは大丈夫?母乳にいい飲み物って?

      2017/06/14

甘酒

甘酒は飲む美容液と言われるくらいにさまざまな健康美容効果のある飲み物なのですが、母乳にも効果があると授乳中の新米ママの間で話題になっています。

母乳を出すために大変な努力をしているママにはうれしい情報ですよね。でも気になるのが甘酒のアルコール成分ですよね。

母乳にアルコールが含まれないのか?また甘酒以外にも母乳にいい飲み物ってあるのか調べてみました。

スポンサードリンク

甘酒は母乳に効果ありの理由

甘酒が母乳に効果があると言われています。

甘酒はもともと飲む点滴と言われるようにとても栄養豊富な飲み物です。

また米麹で作られている甘酒にはコウジ酸がたくさん含まれています。コウジ酸には美白効果(メラニン抑制効果)があるので美白化粧品に含まれる成分として知られていますよね。

そのことから甘酒は美白美肌に効果的です。

甘酒は麹を発酵させて作られている発酵食品なので酵素が豊富に含まれています。酵素は「酵素ダイエット」に代表されるように体重増加を抑制する効果があるので、甘酒はダイエット食品としても親しまれています。

このように甘酒は美白効果、ダイエット効果などが有効とされています。

ではなぜ母乳に効果があると言われているのか?

それは甘酒に含まれているある成分がポイントとなります。

甘酒には妊娠中そして授乳中に欠かせない成分である葉酸とビタミンBがたくさん含まれています。

そして温めた甘酒を飲むと体がポカポカとして血行が促進されます。母乳をたっぷりと出すためには、血流を促進しなければなりません。

甘酒を飲めば葉酸やビタミンBがとれるだけじゃなく、血液の流れがよくなるので、母乳に効果ありと言われているのです。

甘酒と母乳とアルコールの相関関係

甘酒が母乳に効果ありとわかったけれど、アルコールが母乳に出るのではないか?赤ちゃんは大丈夫なのかな?って心配するママさんもいらっしゃいますよね。

甘酒は「酒」という漢字が含まれていますが、必ずアルコールが入っているというわけではありません。

甘酒の作り方によってアルコールが含まれるかどうかが決まっています。

酒粕で作る甘酒

まず酒粕が原料となる甘酒ですが、この場合は若干のアルコール成分が残ります。

原料となる酒粕は日本酒を造った時に残る副産物です。だからアルコールが少し残っているのですね。

酒粕で造った甘酒の特徴は

  • アルコール成分が残っている
  • 甘味の主成分がショ糖
  • 糖類を加えるのでカロリーが高い
  • 食物繊維が豊富

米麹で作る甘酒

こちらの甘酒は米麹が原料となっていますので、アルコール成分は含まれません。

お米を潰してそこに麹菌を加えて発酵させて作るので

米麹で造った甘酒の特徴は

  • アルコール成分が入っていない
  • 甘味の成分がブドウ糖
  • 米と米麹の自然な甘さ
  • 糖類を加えないのでカロリーが低い
  • 食物繊維が少ない

米麹の甘酒が甘いのは米が持つ本来の甘さなのです。このように原料によってアルコール成分が含まれるかどうかが決まってきますので、ママさんが選ぶのは「米麹で作る甘酒」です。

お間違えないようにしてくださいね。

5273

母乳にいい飲み物ってどれ?

母乳の原料となるのは母体の血液です。血の巡りが悪くなるとそれだけ母乳の製造能力が劣ってしまうので、母乳が出にくくなります。

産後に母乳をたくさん出そうと思ったら、とにかく血行を良くすること、水分を多めに摂ること。これに尽きます。

そのために体の外から体を温めるだけじゃなくて、体の内側からも温めてあげましょう。

体を内側から温めるためには毎日の食事の献立に工夫が必要です。できれば毎食温かい汁物が含まれてるといいですね。

和食ならお味噌汁それもおかずになるような豚汁、けんちん汁が理想です。

洋食ならミネストローネ、ポトフなどを多めに作っておけば、野菜不足も解消できて腹持ちの良い料理ですね。

母乳にいい温かい飲み物として有名なところではカフェインの入っていないたんぽぽコーヒーたんぽぽ茶があります。

他にもルイボスティーや紅茶、ほうじ茶、麦茶、緑茶などのお茶で水分摂取しますが、お腹を冷やすことを避けるために、冷たい状態では飲まないようにしましょう。

最近注目されているのは小豆茶です。

あんこを食べれば母乳がよく出ると昔の人は言っていましたが、今は甘いもののとりすぎは乳腺をつまらせてしまうので、小豆の有効成分だけが抽出される小豆茶が人気を集めています。

小豆にはポリフェノールも含まれているので、母乳がよく出るだけじゃなくて美肌効果も十分に期待できます。

母乳育児を頑張るママ用の小豆茶はこちらです。

⇒ http://sapuri-park.com/

まとめ

甘酒はその栄養価の高さから美肌や美白効果だけじゃなく、母乳にも効果があります。酒粕から作った甘酒と、米麹から作った甘酒がありますので、母乳育児中のママは米麹甘酒を選ぶようにしてください。

母乳にいい飲み物は、血流を促進してくれる飲み物です。その中でもノンカフェインで低カロリーのものを選べば、母乳をあげているだけで自然とママの体重も減っていきますよ。

スポンサードリンク
この記事のURLとタイトルをコピーする

 - 育児
 -