入社前に辞めたい時どうする?内定辞退の理由の伝え方と損害賠償問題

   

入社前辞退

入社前に辞めたいと思う理由の中でも、自分が進みたかった道からお誘いを受けたからという理由は、人生の中でも分岐点となるので、できれば穏便に内定辞退したいですよね。

そんな時にどういう方法でどういう内容で内定辞退を伝えたらいいのか?

また気になる損害賠償問題について調べてみました。

一度きりの人生迷いのない道を進むためにもきちんとけじめはつけましょう。

スポンサードリンク
  

入社前に辞めたい時には辞退できる?

入社前に入社を辞退することは不可能ではありません。。

まず、入社内定の状態で辞退する「内定辞退」なのか、入社決定の状態で辞退する「入社前辞退」なのかでは全く違うということを知っておくべきです。

内定とはまだ決定の状態ではないので、双方とも取消を行なうこともできます。

ちなみに「内定辞退」であれば、労働開始の2週間前までが特に理由を必要とせずに辞退ができるタイムリミットとなります。

内定をもらった後に入社を承諾し、入社日も決定された「入社決定」の状態で辞退することを「入社前辞退」といい、これは会社に損害を与え得る大きな問題となります。

入社前に辞めることはできても、損害賠償を請求される事態に発展する恐れがあるので注意です。

内定辞退の理由誠意のある伝え方

せっかく内定をもらっても、他にやりたい仕事があればそれを選ぶのも自分の人生のための大事な選択です。

内定辞退を心に決めたらは、まずは電話でなるべく早く会社へ伝えましょう。

会社側が読んでくれたか確認ができないメールや手紙で伝えるのは良くありませんし、これはマナーとしてもNGです。

理由については、会社側から尋ねられない限り言う必要はありません。

もし理由を尋ねられた場合は、自分の適性や職種の希望が合わなかったことを伝え、内定辞退についてとても悩んだ末の決意であることも必ず伝えましょう。

他社と比較したことを臭わすようなことや、会社を否定するようなことを言ってしまうのは、会社の気を損ねることになるので絶対にしないでください。

電話で内定辞退を伝え終えたら、すぐに手紙を書いてもう一度お詫びをすることを忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

入社前に辞退したら損害賠償に注意

入社内定後に入社日を決定してしまってからの辞退には損害賠償を請求される可能性があります。

辞退する側としては「たかが辞退」と思うでしょうが、実は会社側としてはとんでもない話なのです。

なぜなら、入社が決定した人のために、会社は前もってその人に必要なデスクやパソコンなどを準備するためにかなりの額を投資することになるからです。

多くの会社はこれらの発注を入社日が決まってから行ないますので、入社日が決定してからの辞退はそれらにかけた予算が損害を受けてしまうことになります。

また、新たに入ってくる社員の人数も考慮したうえで、会社は新たなプロジェクトを開始する予定であったり、それに伴い、取引先との新たな契約を発生させることもあります。

入社に辞退が出ることで取引先との契約を取消にしなければならないなどの影響が出ることも、会社にとっては大きな損害になるのです。

このように、会社に多額の損害を発生させてしまえば、損害賠償の請求をされる恐れがありますので注意しましょう。

まとめ

入社を辞退するなら、できるだけ「入社内定」のうちに辞退の意思をかためて、なるべく早く会社へ伝えましょう。

辞退する理由を問われないのは、内定状態で労働開始の2週間前までです。

辞退については、まず電話で伝え、その後にお詫びの手紙を送ることがビジネスマナーであり、会社側へ誠意が伝わります。

「内定辞退」は問題なくても、「入社前辞退」は損害賠償の請求をされる事態に発展する可能性があることを覚えておきましょう。

スポンサードリンク
この記事のURLとタイトルをコピーする

 - 暮らし
 -