エアコン何年で買い替える?エアコンの平均寿命と買い替えのサイン

   

エアコン何年で買い替え

エアコンは電気製品なので使っているうちにだんだんと性能が落ちてきます。

エアコンは何年で買い替えるのがいいのでしょうか?

エアコンの平均寿命と買い替えのサインについて調べてみました。

スポンサードリンク

エアコンは何年で買い替えるのがいいの?

エアコンの買い替えを考えたほうが良い時期は、購入してから5年~7年です。

その理由は、メーカの保証期間に関係していて、多くが5年~7年前後であるからです。

保証期間中は保証の条件内での故障については修理代が発生しませんので、修理をしながら使用したほうが良いでしょう。

しかし保証期間を過ぎたエアコンの修理代は高額になるケースが多いので、修理を繰り返しているうちに新しいエアコンを1台買えるほどの金額を払ってしまったなんてことも。

保証期間が終わってしまう前に買い替えすることがおすすめです。

エアコンの平均寿命はどれくらい?

寿命はそれぞれのエアコンで違います。

たった2~3年で壊れてしまうものもあれば、10年以上も正常に運転を続けるものもあります。

これには、製品の耐久性やクオリティーだけではなく、使い方や使用頻度によっても寿命に差が出る様子です。

一般的には、エアコンの平均寿命は10年と言われています。

製造されてから10年経つ頃にはエアコン自体が古くなっているため、修理をしたとしてもまた故障してしまう可能性が高くなりますが、早ければメーカーが部品の製造をストップさせてしまっている場合もあります。

スポンサードリンク

エアコンの買い替えサインって?

エアコンは買い替えの時期が近づくにつれて、トラブルがよく起こるようになります。

これを買い替えサインと呼んでいます。

買い替えサインとしてよく起きるトラブルについては以下のとおりです。

エアコンの風が臭う

これは新しいエアコン・古いエアコンを問わず、内部にカビが発生することによって起こるトラブルですが、古くなったエアコンにクリーニング代を払い続けるよりも新しく買い替えた方が経済的です。
 

エアコンが効かない

エアコンが効かなくなる原因に冷媒ガスが漏れていたり、長年フィルターが埃で目詰まりを起こしたまま運転させた結果、熱交換器に負担を故障させてしまった可能性があります。
 

エアコンから水漏れ

ドレンホースが埃などで詰まって水漏れを起こすことがありますが、これを放置するとエアコン内にある電子部品がショートして修理が不可能になります。
 

エアコンをつけるとブレーカーが落ちる

エアコン内の電子部品が漏電を起こしている可能性があり危険です。修理代も高額になることがありますので買い替えをした方が良いでしょう。

これらのサインが出たら、なるべく早くエアコンの購入先へ連絡しましょう。

まとめ

エアコンは5~7年前後を目安に、保証期間内に買い替えすることをおすすめします。

エアコンの平均寿命は10年で、それを過ぎる頃には修理も困難になっていき、修理代も高額になる可能性があります。

買い替えサインが出たら放置せず、なるべく早く購入先へ連絡して点検を依頼し、エアコン自体が古ければ修理よりも買い替えを検討した方が良いです。

スポンサードリンク
この記事のURLとタイトルをコピーする

 - 暮らし
 -