日焼け止めが一年中必要な人とその理由シミ対策のために守りたいこと

   

日焼け止め一年中

日焼けをすると肌が赤くなってしまう人っていますよね。

私もそういう体質なので、夏の日焼け止めは必須です。

でも紫外線って強さの強弱はあっても一年中降り注いでいますよね。ということは毎日欠かさず塗っていたほうがいいのかなって思います。

とにかく肌が赤くなることは避けたい!シミは作りたくない!最低限これだけはやっておきたいことをまとめてみました。

スポンサードリンク

日焼け止めが一年中必要な人はこんな人

日焼けをしやすい人日焼けをしにくい人がいます。

オゾン層の破壊などで昔に比べると紫外線量が多い今では、焼けやすい・焼けにくいを問わず日焼け止めをなるべく使うことをおすすめしたいといったところです。

あえて日焼け止めが一年中必要な人を挙げるとすれば、肌が白く、日焼けをすると黒くならずに赤くなってしまう人です。

このタイプの肌はメラニン色素が少ないために黒くならないのですが、赤くなるということは肌が炎症を起こしているということです。

メラニン色素は表皮の奥にあるメラノサイトが紫外線などの外的刺激に反応することによって作られる色素で、紫外線を遮断して肌が更に焼けないように肌を守る機能があります。

この機能がメラニン色素量が少ない白い肌には不足してしまうため、紫外線によって肌は炎症を起こしやすく、シミもできやすくなってしまいます。

そのため、色白の人ほどしっかりと紫外線対策を行なうべきと言えるのです。

日焼け止めを一年中塗ったほうがいい理由

紫外線は一年中地球上へ降り注いでいます。

太陽が昇ってから完全に沈むまでの間、私たちは身体に紫外線を浴びています。

野外だけでなく、屋内にいても窓から紫外線は入り込んでくるので、活動時間のほとんどを紫外線と付き合うことになります。

特に色白の人の肌は紫外線から肌を守るメラニン量が少ないので、肌がダメージを受けやすくなり、シミができやすくなるだけではなく、皮膚がんの発生など深刻な問題につながる場合もあるので、日焼け止めを塗って肌を守ることが大切です。

肌が黒くなりやすい人は炎症こそ起こしにくいのですが、何もしない状態では紫外線から肌を守れているとは言えず、光老化によってシワやたるみを起こすことがあります。

肌を健康に保ち、老化を防ぐためにも日焼け止めは一年中塗ることをおすすめします。

日焼け止めでシミ対策するならこれは必ず守る

シミができてしまう原因は、実をいうと紫外線だけではありません。

シミの素となるメラニン色素が作られる原因は、紫外線の他にも様々な外的刺激の侵入で表皮の奥にあるメラノサイトが刺激を受けることによります。

肌を守ってくれるはずの日焼け止めが刺激となってシミを作ってしまうこともあるのです。

日焼け止めは必ず自分の肌に合った刺激のないものを選びましょう。

また、白くならないタイプの日焼け止めには紫外線吸収剤が配合されていて、これは紫外線をいったん吸収して熱エネルギーに変えるという化学反応を肌の上で起こします。

それが原因となって肌が弱い人はかぶれを起こすこともあり、その結果、刺激を受け続けた肌にシミができてしまうという場合もあります。

紫外線吸収剤が配合されていないものや化合物を使用しないノンケミカルの製品を使用しましょう。

まとめ

日焼け止めはどんな肌にも一年中使って欲しいアイテムですが、特に日焼けによって炎症を起こしやすい色白の人は積極的に使うことをおすすめします。

紫外線は季節を問わず降り注いでいますので、紫外線から肌を守るためには一年中日焼け止めを塗ること。

シミは紫外線だけではなく、日焼け止めによる肌への刺激が原因になることもあるので、必ず肌に合った日焼け止めを使用しましょう。

スポンサードリンク
この記事のURLとタイトルをコピーする

 - 美容
 -