浴衣の汗対策エアリズムを選ぶならこれ!制汗剤を使えばもっと安心

   

浴衣汗対策

浴衣を着る時の汗が気になります。

今では高機能な肌着がたくさんありますよね。その中からお値段的にもプチプラで人気のあるユニクロのエアリズムをおすすめします。

エアリズムだけじゃなくて制汗剤も使えば、浴衣の汗対策はバッチリですよ。

スポンサードリンク

浴衣の汗対策が気になる

浴衣は夏祭りや花火大会など、暑い季節のイベントで着るものですが、露出部分が少なくなるためどうしても暑くなって汗をかきやすくなります。

気付けば脇の下や帯で締めている部分が汗だくになってしまっていたり。

かといって、すぐに脱いで汗取をしたり乾かしたりなんてことはできませんよね。

汗の臭いまで気になってしまうと、せっかくの楽しい時間にちょっとテンションも下がってしまいます。

浴衣を着て汗をかいてしまうという現象は避けられないものですが、上手に汗対策をすることによって爽やかに浴衣姿を過ごすことができます。

浴衣にはエアリズムがおすすめの理由

ユニクロのエアリズムは「着るデオドラント」とも呼ばれています。

消臭、放熱、保湿、ドライ、接触冷感、抗菌など、特に夏の蒸し暑い季節を快適に過ごせるための効果があります。

汗取パッド付きキャミソール」は、脇が当たる部分に汗取パッドが装備されていますので、浴衣に汗じみができるのを防いでくれます。

薄手の素材で着ぶくれしないので、浴衣をスマートに着ることができます。

汗取パッド付きブラキャミソール」は汗取パッド付きキャミソールにブラカップが装備されていますので、ブラジャー要らずで簡単に着ることができます。

浴衣は見た目には清涼感があっても、着ている本人はとても暑くて、お祭りから帰ったら浴衣が汗だくになっていたなんてこともよくあります。

浴衣は素肌の上に着るのが基本ですが、エアリズムを下に着ることによって暑さを和らげて汗を吸収し、汗による不快感や臭いも抑えてくれますのでおすすめです。



汗を抑える制汗剤も使ってみる

汗を抑えるためには制汗剤も同時に使うことが効果的です。

汗を直接ブロックしてくれますので、汗取効果のあるエアリズムのような肌着だけでは心配というのであれば制汗剤をつけることをおすすめします。

ただし、制汗剤は衣類に付着すると取れにくくなり、シミになってしまうことがあります。

制汗剤をつけた部分を汗取パッドでカバーできれば安心です。

もし、制汗剤をつけた肌が浴衣に直接触れてしまった場合は、着用後になるべく早く洗濯またはクリーニングへ出しましょう。

まとめ

浴衣に汗はつきものですが、汗対策をすることで浴衣をより爽やかに着ることができます。

浴衣を直接肌に着るよりも、汗取機能のある薄手のキャミソールを下に着ることで浴衣を汗だくにしてしまわずに済みます。

汗による臭いは制汗剤も使用して防止しましょう。

着用済みの浴衣はシミ防止のためになるべく早く洗濯・クリーニングへ出すことがおすすめです。

スポンサードリンク
この記事のURLとタイトルをコピーする

 - ファッション
 -