飛行機の着陸時に耳が痛い!その原因は?おすすめの予防方法

   

飛行機耳痛い

飛行機の着陸時に耳が痛くて、頭も割れそうな辛い痛みを経験したことがあります。

いつも飛行機に乗る時にはビクビクしています。睡眠不足なのかな?体調が悪いのかな?

何度か経験したことのある着陸時の耳の痛みの原因を調べてみました。

知っておきたい予防方法、これで耳の痛みとはおさらばできればいいなと思います。

スポンサードリンク
  

飛行機の着陸時に耳が痛い経験はありませんか?

飛行機に乗ったことがある人のほとんどが経験したことがあるのは、あの耳が詰まったような感じ。
それを超えて激痛が走ることを経験した人も多いことでしょう。

特に起こりやすいのが着陸時です。

人によっては毎回起こることもあり、これが原因で飛行機嫌いになってしまうことも。

風邪気味で鼻や耳の調子が悪い場合は、より耳の痛みが起こりやすくなります。

快適な空の旅のためにも耳の痛みはできるだけ避けたいものです。

飛行機で耳が痛いその原因

耳が痛くなる原因は「気圧の変化」です。

私たちは通常1気圧の気圧を受けながら生活しています。

気圧は私たちの身体を押しつぶすのですが、同時に身体も1気圧分の圧力で押し返しを行なうので、この状態では気圧を意識するような状況にはなりません。

しかし、飛行機が高い位置から急降下する時、急激に気圧が変化するため私たちの身体はその変化のスピードに対応できなくなるのです。

その影響を顕著に受けてしまうのが耳の中にある「中耳」と呼ばれる場所です。

通常は口や鼻を通じて中耳に空気が入り、中耳は気圧の変化に応じて膨らんだり萎んだりしています。

しかし、気圧が急激に変化すると中耳にある空気も急激に膨張して耳全体を圧迫してしまい、これが原因であの強烈な痛みを引き起こすのです。

スポンサードリンク

飛行機で耳が痛いその予防方法

耳の痛みを予防するためには以下の「耳抜き」が有効です。

唾を飲み込む

いちばん手っ取り早くできる方法です。
唾をグッと飲み込むと、痛みが起こる前に耳が詰まった感覚から解放されます。
 

飴をなめる

飴を口の中に入れておくと、唾液の量が増えて唾を飲み込む機会を多く作れるため、より頻繁に耳のつまりを解消して痛みが起こるのを防ぐことができます。
 

鼻をつまんで力

唾を飲み込むだけでは解消されない場合に試すと良いです。
鼻をつまんで、ゆっくりと鼻から息を出そうとする感覚で行ないます。あまり力みすぎると鼓膜を傷めてしまいますので、ゆっくり行なってください。
 

「気圧対応の耳栓」を装着する

空港の売店でも販売しています。
もともと耳の調子が悪い人や、上記3つの方法がなかなか上手くいかない人、そして子どもにおすすめです。
 
これらの方法を試しても、着陸後に痛みが続く場合は「航空性中耳炎」を起こしている可能性がありますので、この場合は必ず医師の診察を受けることをおすすめします。
 

まとめ

飛行機の着陸時に起こる耳の痛みは、急激な気圧の変化によって中耳が膨れて耳全体を圧迫してしまうことが原因です。

風邪気味で鼻や耳の調子が悪い場合は、さらに気圧の影響を受けやすく痛みが起こりやすいこともあります。

耳の痛みを防ぐためには「耳抜き」をすることが有効です。

「耳抜き」を試しても離陸後に痛みが続く場合は航空性中耳炎を起こしていることがありますので、必ず医師の診察を受けましょう。

スポンサードリンク
この記事のURLとタイトルをコピーする

 - 健康
 -