夏のお弁当腐りにくいコツは冷凍食品!一番のおすすめはこれです

   

夏お弁当冷凍食品

夏のお弁当腐りにくい工夫をしておきたい時にはどうしていますか?

そんな時には冷凍食品をつかってみましょう。冷凍食品ならなんでもいいわけではなく、使えるものとあまりおすすめできないものがあります。

夏のお弁当におすすめの冷凍食品をご紹介します。

スポンサードリンク
  

夏のお弁当腐りにくい工夫

夏のお弁当を腐りにくくするための工夫には、お弁当が冷えた状態にしておくことです。

常温よりも低くしておくことで菌の繁殖を防いで食べ物が痛むのを防いでくれます。

ごはんやおかずは作り立てが一番おいしいのですが、朝の忙しい時間に全て完全に冷ましてからお弁当箱に詰めるというのはなかなか難しいものです。

かといって、前日に作り置きをして冷蔵庫で保存しておくと脱水して味が落ちてしまったり。

夏のお弁当は難点が多いのですが、できれば旦那さんには外食やコンビニ通いをさせずにお弁当を持って行ってもらいたいですよね。

そのためにも、お弁当を冷えた状態で持たせてあげる工夫をしましょう。

スポンサードリンク

夏のお弁当に冷凍食品はいいかも!

夏のお弁当を痛みにくくする対策としては冷凍食品が有効です。

冷凍食品にはちょっと抵抗があるという人もいますが、夏のお弁当の重要ポイントはやはり腐敗防止です。

年々、冷凍食品のクオリティーもアップしていますので、美味しい製品がたくさん販売されています。

よく冷ましたごはんと冷えた状態のおかずであれば、暑い中の通勤中でもお弁当が外気温で温まってしまうのを防いでくれます。

朝、凍ったままお弁当に詰めれば、お弁当を食べるお昼頃には自然解凍されて常温になりますので、そのまま美味しく食べることができます。

念には念のため、お弁当を運ぶバッグには保冷バッグを使用するとより良いでしょう。

ごはんを冷ましきれなかった場合は、ごはん用のお弁当箱の蓋の上に保冷材を置いて、熱がおかずサイドへ伝わらないようにしましょう。

お弁当の冷凍食品おすすめはこれ

お弁当に入れる冷凍食品でおすすめなのは、「自然解凍で食べれる冷凍食品」です。

冷凍食品でも、いったんレンジやオーブンで温めるタイプもありますが、これだと冷ますにも時間がかかり、菌の繁殖を防げるほど十分に冷めた状態でお弁当箱へ詰めることができません。

お弁当用に冷凍食品を購入する際は、自然解凍でそのまま食べれるタイプを選びましょう。

凍ったままのおかずを詰めることで、お弁当全体をしばらく冷えた状態に保つことで食べ物が痛んでしまうのを極力防ぐことができます。

まとめ

夏のお弁当を暑さから守って腐りにくくするためには、お弁当が冷えた状態を長く保つことです。

できれば手作りのおかずが良いのですが、暑い中では痛みやすく食中毒を招く原因になることも。

お弁当を冷たく保つために、自然解凍で美味しく食べれるタイプの冷凍食品を活用しましょう。

冷たい状態を長く保つために、持ち運びには保冷用バッグを使用することをおすすめします。

スポンサードリンク
この記事のURLとタイトルをコピーする

 - 暮らし
 -