浴衣の着付けを動画で確認|安心してつけられるブラと下着の選び方

      2016/07/16

浴衣着付け

夏の風物詩といえば花火大会ですね。

毎年華やかな浴衣姿の女性を多く見かけます。

とても女性らしく着こなしている人がいる反面、着付けがだらしなくなっていて、見ていて恥ずかしい人も時々見かけます。

残念な着付けにならないためにも、しっかりと基本を身につけておきましょう。

スポンサードリンク
  

浴衣の着付けを動画で確認

浴衣の着付けで一番気をつけてもらいたいのが、襟の落とし方です。

襟口から見える女性のうなじはとても色っぽいので、ついついよく見えるように襟を落としたくなりますが、落とし過ぎないように気をつけてください。

あまりにも襟が落ちているとまるで花魁のような印象を与えます。

次に大切なのが、タオルで補正することです。

浴衣や着物は寸胴体型の方が着付けがキレイにできるので、胸が大きい人は特に補正をしっかりとしてください。

着崩れしにくいポイントは「コーリンベルト」です。

日本製 コーリンベルトM 全4色《着付けベルト/婚礼用/下着/着物/和装/赤/紅/桜/水/白/…

日本製 コーリンベルトM 全4色
価格:390円(税込、送料別)

これをつけているといないでは崩れ具合が全然違いますので、必ずつけるようにしましょう。

つけていると胸元がはだけたりする心配がないです。

くれぐれも締めすぎないようにきをつけてくださいね。

背中部分に少し余裕があるくらいがちょうどいいです。


スポンサードリンク

浴衣を着るときに最適のブラ

浴衣を着る時にどんなブラをつけたらいいのか?

胸の大きい人は特に悩むと思います。

昔の人はさらしをまいたりして、胸をおさえていましたが、今は和装専用のブラもあるので、それをつけてみるといいですね。

胸元をしっかりとホールドしてくれるので、補正もしやすく安定します。

浴衣を着るときの下着の選び方

浴衣を着る時の下着ですが、できれば浴衣専用の下着がいいですね。

専用下着だと汗を逃しやすい素材でつくられているので、浴衣を着ていて汗をかいても不快な気分にはなりません。

わざわざ専用の下着を買うのはイヤだという方は、エアリズムなど汗をかいても乾きやすい素材の下着を着用してください。

浴衣を着る時の下着選びで一番気をつけてもらいたいのがショーツです。

特に淡い色の浴衣を着る人は、着付けが終わったら後ろ姿や、かがんだ時の姿も確認しておきましょう。

ショーツが透けて見えたり、ラインがくっきりとわかったりすると興ざめですよね。

ラインのわかりにくいショーツ
を選ぶようにしましょう。

まとめ

浴衣の着付けは、前がはだけて崩れたりしないようにコーリンベルトを使ってください。

襟を落とし過ぎると下品な印象をあたえるので注意しましょう。

下着は浴衣専用下着か、汗を発散しやすい素材でできたものを選ぶと安心です。

着付けの最後には鏡で後ろ姿やかがんだ時の姿も確認しておきましょう。

浴衣関連のお役立ち記事

浴衣の帯の結び方動画を見ながらできる簡単な方法マスターするコツ
浴衣の選び方ここを間違えないで!背が高い人は?胸が大きい人は?
浴衣の男性着付けは帯の締め方で決まる!スマホ入れには信玄袋!
浴衣に合う髪型簡単にできて女子力アップのショートとロングはこれ!
浴衣のお手入れ家庭での洗濯のポイントと簡単なたたみ方をマスター!

Photo:峰子_Sam

スポンサードリンク
この記事のURLとタイトルをコピーする

 - ファッション
 -