日焼け止めSPF50は必要なの?何時間効果が続くの?おすすめの使い方

      2017/04/15

日焼け止めSPF50

日焼け止めを買う時の目安として「SPF」の数値を参考にしてる人は多いと思います。

今は最強の日焼け止めが「SPF50」と表示されていますよね。

だから「SPF50」を選んでおけば安心…と思ってしまうところに、実は落とし穴があります。

正しい日焼け止めの選び方をご紹介します。

スポンサードリンク
  

日焼け止めSPF50の意味を知っていますか?

SPFというのは日焼けの元となる紫外線A波(UVB)がどれくらい防止できるかを表している数値です。

SPF50というのは、肌に何も塗っていない状態と比べたら50倍ほど日焼けをしにくいという意味です。

日焼けをしにくいというのであって、日焼けをしないではないのですよね。

実際に日焼け止めの効果を確認してみると、その境界線となるのはSPF15くらいになります。

紫外線透過量の比較

SPF2 約50%
SPF4 約25%
SPF8 約15%
SPF15 約10%
SPF30 約5%以下

SPF15以上になると、紫外線透過量は約10%以下となるので、日常生活で使うのなら十分なのです。

ただしSPF50ともなれば、耐水性が強くなるので、スポーツをするときや海や山などリゾート地に出かける時に使うといいです。

いつもいつもSPF50を使っていると肌への負担がきつくなるので、TPOに合わせて使い分けるようにしましょう。

日焼け止めSPF50

日焼け止めSPF50なら何時間効果があるの?

まず気をつけておきたいことは、日焼け止めSPF50は一度塗ったら一日中効果があると思い込まないでください。

SPF1につき約20分の日焼け止め効果があるので、SPF50は単純計算すると16.7時間効果が持続することになります。

でも実際には、汗で日焼け止めが流れたりするので、そのままの効果があるとは考えにくいです。

ですからどうしても塗り直しが必要となってきます。

SPF50を一日に何回も塗り直していると、肌への負担は計り知れません。

お肌が弱い人ならなおさらですね。

そう考えると少し弱めのSPF30を何度か塗りなおすほうが、お肌にとって優しいとは思いませんか?

日焼け止めSPF50おすすめの使い方

SPFの小さい日焼け止めよりSPF50の方が肌への負担がかかることはよくわかりましたよね。

それじゃあSPF50は使わないほうが良いのかと言えば、そういうわけではありません。

非日常的に日差しの強い場所に行く時には、迷うことなくSPF50を塗っていきましょう。

例えば海とか山ですよね。

また海外旅行に行くときも、日本の日常とは違って日差しの強い場所があります。

たとえば真夏のオーストラリアは、日本の夏と比べると日差しがきつくなります。

オーストラリアでは皮膚がんがポピュラーであることからもわかりますよね。

そういったところに行く時にもSPF50の日焼け止めを持って行きましょう。

まとめ

SPF50の日焼け止めは肌への負担が心配なので、日常生活で使うことは控えた方がいいですね。

リゾート地に行く時には、しっかりとした日焼け対策が必要なので、SPF50を使いましょう。

日焼け止め関連のお役立ち記事

日焼け止め使用期限の落とし穴!タイプ別の使用期限と保管方法を確認

スポンサードリンク
この記事のURLとタイトルをコピーする

 - コスメ
 -