カレーの具隠し味が決め手のレシピ!二日目のカレーが美味しい秘密

      2016/07/16

カレーライス

もはや日本食だといっても過言ではないカレーライスですが、いつも同じルーを使っているので味に飽きてしまった人や、ちょっと違うカレーにチャレンジしてみたい人に、おすすめの具材をご紹介します。

スポンサードリンク

カレーの具材ちょっと変わったおすすめは?

カレーライスの具材と言えば、牛肉、豚肉そして鶏肉などを使うパターンが多いですよね。

いつも同じで飽きてきた…という人にぜひおすすめしたいのがトッピングカレーです。

カレーのルーは、いつも使っている市販のルーでいいので、玉ねぎのみじん切りと合挽き肉で作ったシンプルなルーを用意します。

そしてたくさん用意したいのがトッピングです。

ヘルシーなカレーにしたければ、しいたけやしめじなどきのこ類をガーリックと一緒に炒めたものがいいですね。

キャベツなどの野菜を細切りにして炒めたものなら、野菜をいっぱい食べることができるベジカレーのできあがりです。

ボリュームが欲しい人は、ハンバーグや目玉焼き、チキンのグリルなどを載せてみてください。

お子様ならウインナーやチーズを用意してあげるといいですね。

いろいろなトッピングを試してみて、パーティー感覚でカレーを楽しむことができます。

スポンサードリンク

カレーの隠し味何を使えばいいの?

いつものカレーの味に変化を与えるのが隠し味です。

どういう時にどんな隠し味を使えばいいのか調べてみました。

  • 「うまみ」が欲しい時は、オイスターソース、塩昆布、かつお節
  • 「こく」が欲しい時は、チョコレート、チーズ、インスタントコーヒー
  • 「甘み」が欲しい時は、ハチミツ、チャツネ、マーマレード、りんご、レーズン
  • 「酸味」が欲しい時は、ヨーグルト、ナンプラー、ウスターソース
  • 「香りや辛さ」が欲しい時は、ガラムマサラ、カレー粉、タバスコ

これだけのバリエーションがあります。

少しずつ加えていって、お好みの味になるように調節してみましょう。

ひとつだけ注意点があります。

それはハチミツを使う時には、ルーを入れる前に加えて、弱火で20分以上煮込みましょう。

しっかりと火を通しておかないとハチミツの成分アミラーゼがカレールーのタンパク質を分解してしまってとろみがつかなくなります。

カレーは二日目が美味しいってホント?

カレーを作って一晩寝かせたら、味がおいしくなるって言いますよね。

私もいつも前日の夕飯の片付けの時に、カレーを仕込んでおいて次の日の夕食にすることがあります。

それにはちゃんと理由があります。

  • カレーの香辛料が具材に染み込むので味がなじむ
  • お肉のアミノ酸や野菜の旨みがカレーに染み出して、こくや旨味が増す
  • ジャガイモが煮崩れして、味がまろやかになる

これだけの効果があるので二日目のカレーがおいしくなるのです。

まとめ

子供も大人も大好きなカレーライスも工夫次第では、バリエーション豊かなメニューになります。

トッピングや隠し味を使って、オリジナルの美味しいカレーを作ってみましょう。

スポンサードリンク
この記事のURLとタイトルをコピーする

 - グルメ
 -