寝苦しい夜赤ちゃんアイスノンでぐっすり!あせも対策はこれで完璧!

      2017/06/14

赤ちゃんが快適に眠るコツ

赤ちゃんが生まれてから初めて迎える夏の夜。

大人でも体力を消耗する寝苦しい夜は、赤ちゃんにとってもツライものです。

まだはっきりと自分の気持ちを伝えることができない赤ちゃんなので、パパ・ママが先手を打って赤ちゃんがよく眠れるような対策をとってあげましょう。

スポンサードリンク

寝苦しい夜赤ちゃんに何を着せませすか?

寝苦しい夜は、汗のかき具合によって、一晩で2回ぐらい着替えさせることは珍しくありません。

そんな時には、簡単に脱ぎ着できるパジャマにしてあげるといいですね。

上下が分かれているものだと、お腹がでて冷えたりすることがあります。

ある程度月齢が大きくなったお子様の場合は、腹巻きをするなどの対応ができますが、赤ちゃんの場合は、簡単に着替えができることが最優先されますので、上下繋がったロンパースタイプのものがいいですね。

ロンパースなら一気に脱がせた後、すぐに着替えさせることができます。

お布団にも気を使ってあげましょう。

敷布団はなるべく通気がいいように寝ござを敷いてみたり、ひんやり感のあるベットパットなどを使うと良いでしょう。

掛け布団は使わずに大きめのバスタオルやハーフサイズのタオルケットで、お腹周りにかけてあげます。

赤ちゃんは手足で体温調節をしているので、手足が出るようにかけてあげてください。

なるべく長細い幅に折ってかけてあげると、寝返りを打った時に、バスタオルやタオルケットからはみ出すことがありません。

寝苦しい夜赤ちゃんに使えるアイスノン

寝入りばなは、一気に体温があがるので、赤ちゃんは大汗をかきながら寝てしまいます。そんな時にはアイスノンをつかってみると良いですよ。

今は赤ちゃん用の柔らかいアイスノンも売っているので、それを十分に冷やした後、タオルを巻きます。

この時にタオルの巻きが甘かったら、冷気が強すぎてしまいます。

逆に巻き過ぎたら、冷やす効果がありません。

直接赤ちゃんの枕にしてしまうのが不安な方は、赤ちゃんの頭のそばに置いてあげるだけで、冷気を感じることができます。

5273

寝苦しい夜赤ちゃんのあせも対策は?

寝苦しい夜に眠る赤ちゃんが汗をかいている様子を見ていると、あせもが気になりますよね。

赤ちゃんの汗腺は、大人に比べると密集しているので、あせもができやすいのです。

だから注意してあげないとすぐにあせもができてしまいます。

あせもができないようにするには、こまめに汗を取って上げることが大切です。

その時にさっと赤ちゃんの表面を拭くだけではなくて、ボンレスハム状態になっている足やうでのしわの中も拭いてあげましょう。

拭く時にはゴシゴシと拭くのではなくて、タオルでポンポンと汗を押さえるようにして取ってあげましょう。

また寝る時に背中に汗取りパットを入れてあげると、着替えさせる回数を減らすことができるのと同時にあせも対策になります。

赤ちゃんの皮膚はまだまだ未熟なので、あせもがすぐに悪化してあせものよりになったり、もっとひどくなるととびひになってしまいます。

手遅れにならないように、こまめな汗チェックをしてあげましょう。

まとめ

赤ちゃんが生まれてからの初めての夏の夜は、パパ・ママにとっても不安いっぱいですよね。

まだ自分の意思表示をすることができない赤ちゃんなので、基本的な汗対策を知っておけば、赤ちゃんも快適に眠ることができます。

アイスノンをつかったり、汗取りパットをつかったりしながら、赤ちゃんが寝やすい環境を作ってあげましょう。

スポンサードリンク
この記事のURLとタイトルをコピーする

 - 育児
 -