扇子の選び方のポイントと常識的なマナーと使い方これで女子力アップ

      2016/07/16

扇子

夏の暑い日に鞄の中から、さっと扇子を取り出してあおぐ姿って、とても女らしく優雅に見えます。

手持ちにあるパンフレットやハンカチであおいでいるのと比べてみると、女子力が全然違いますよね。

今年こそは、扇子デビューをしようと思っている方に、扇子の選び方やマナーについてご紹介しましょう。

スポンサードリンク
  

扇子の選び方初めて買うならこのタイプ

扇子売り場に行くとたくさんの種類があるので、どれを選んだらいいのか迷ってしまいます。

お値段も1,000円くらいのものから1万円くらいのものまでピンきりです。

扇子をまじまじと見てみると、作ってある材質もいろいろありますよね。

紙でできていたり、布でできていたり、プラスチックだったり、竹製だったり…

また図柄が手書きなのか、印刷されたものなのかによって値段も変わってきます。

初心者の方は、まずお手頃価格の布製のものを選んでみましょう。

こちらはシルク100%で同じ柄の袋までついているお値打ち品です。

スポンサードリンク

扇子のマナーこれを知っておけば大丈夫

扇子を使う時には、周りの人が不快な気分にならないように気をつけましょう。

暑いからといってバタバタあおいでしまうと、近くにいる人にも風が行ってしまい、最悪の場合はあなたの汗のにおいも一緒に届けてしまうことになります。

扇子であおぐ時には、首のあたりで、ゆっくりと静かにあおぐのが基本的なマナーです。

またテーブル席に座っている時に、テーブルに肘をつけてあおいだりするのも、お行儀のいいものではありません。

扇子の使い方女子力アップに役立つある方法

扇子を使っている時に、最初はほのかな香りがしていたけれど、だんだんと薄れていってしまって、残念に思うことがあります。

そんな時には、香りを補充してあげましょう。

扇子に直に香水をふりかけたりすると、香りがきつすぎることがあるので、それはやめたほうが良いです。

扇子用のフレグランスが売られているので、それをつかうのが一番無難ですね。

フレグランスを空中にスプレーして、その中を扇子をくぐらせるようにしてつけてみましょう。

そうすればつけすぎることなく、香りを楽しむことができます。

まとめ

扇子は年配の方向けというのは一昔前の話で、今では若い女性に人気のブランドからもカラフルな扇子が発売されています。

扇子は使い方しだいで、女子力アップのために有効なアイテムですね。

マナーよく使って、暑い夏を涼しく過ごしてみましょう。ぜひこの夏は扇子デビューをしてみてください。

スポンサードリンク
この記事のURLとタイトルをコピーする

 - ファッション
 -