運動会ファッション30代40代ママにおすすめのコーディネート

      2016/05/13

運動会

運動会の季節になると天候のことやお弁当のことそしてママのファッションが気になりますよね。

今回は30代40代のママに限定してどんな服装で行けばいいのかご紹介していきます。

適度におしゃれで浮くことのないファッションでお子様の運動会を楽しでくださいね。

スポンサードリンク

運動会ファッション30代40代が着ないほうがいい服は?

まずはこれはやめたほうがいいというNGファッションの紹介です。

露出が多い服装

胸元が強調されているキャミやTシャツや、足がにょきっとでているようなホットパンツは避けましょう。

運動会には当然男性もたくさんいるので、変に注目を集めてしまいます。

意外と見落としがちなのがトップスの丈です。

短めのトップスだとかがんだ時に腰の部分が丸見えになってしまうので気をつけましょう。

他人の視線が集まるのはもちろんなのですが、紫外線も一気に攻めてきます。

運動会が終わった後、腰回りだけ赤く日焼けしているという惨事になってしまうかもしれませんよ。

汚れが気になる服装

運動会の競技に参加することはなくても、動きやすくて汚れてもいい服装で行くことが大前提です。

ひらひらのワンピースや真っ白のパンツなどを履いていると汚れも気になるので、運動会に集中することができません。

運動場の砂ってとても細かな砂なので汚れちゃうと落ちにくいものです。

洗濯のしやすい汚れても大丈夫な服装を選びましょう。

ヒールのある靴

ピンヒールやハイヒールは論外です。

基本的にはスニーカーが無難ですが、スリッポンやかかとのないぺたんこの靴を選んでください。

スポンサードリンク

運動会の服装30代40代スカート派のママにおすすめは?

普段がスカートばかりでパンツやジーンズを履くことがないママもいらっしゃいますよね。

そんなママにおすすめしたいのがここ数年流行しているガウチョパンツです。

ガウチョパンツなら動きやすくて、カジュアルなシーンに最適です。

おすすめのコーディネートはガウチョパンツにTシャツそしてパーカーを重ね着して、足元はスニーカーにしてください。

運動会スタイル30代40代が一番気をつけたいこと

運動会のファッションが決まってそこで終わりではありません。

実は一番気をつけたいことが日焼け対策です。

お天気が良ければ、一日中炎天下にさらされることになるので、日焼け対策は万全にしてください。

ファッションでいうとなるべく肌を覆うようなアイテムにした方がいいです。

風通しがいい薄手のシャツやパーカーなら暑くなっても大丈夫ですよね。

また帽子も必要です。

よく日傘をさしているママがいるのですが、傘をさすのなら観覧席の最後列に移動しましょう。
前の方で傘をさされると後ろの方の邪魔になります。

日焼け止めも何度も塗り直したほうがいいですよ。忘れがちなのが胸元です。

洋服との際まで忘れないように塗りましょう。

とにかく露出してる部分にはしっかりと何度も塗っておきましょう。

最近は日焼け止め用のサプリメントもあるので、飲んでおくと安心ですね。

飲む日焼け止めの詳細はこちら

まとめ

運動会のファッション30代40代におすすめはきれいめのカジュアルスタイルです。

パンツやジーンズにTシャツそしてシャツやパーカーを羽織るとまず間違いないですね。
Tシャツの丈は短すぎないようにしてください。

スカート派のママにおすすめはガウチョパンツです。

服装だけでなくて、日焼け対策は万全にしましょう。

30代40代の運動会ママファッションをブランドで選ぶのなら・・・とっておきのおすすめブランドを紹介しています。

運動会ファッション30代40代ママにおすすめのブランド

若作りに見えないポイントをまとめてみました。

40代ママの運動会ファッション若作りに見えないポイントは?

スポンサードリンク
この記事のURLとタイトルをコピーする

 - 学校行事, ファッション
 -