紫外線アレルギーの原因と症状これだけはやっておきたい対策

      2017/04/15

紫外線アレルギー

日差しの強い日に日光にあたっただけで、皮膚が赤くなったり、かゆくなったりするのは、単にあなたの皮膚が弱いからだと思っていませんか?

実は皮膚が弱いのではなくて、それは紫外線アレルギーなのかもしれません。

今の時代は何でもアレルギーに結びつけがちですが、紫外線も例外ではなく、実はアレルギーだったと分かる人も多いですね。

そんな紫外線アレルギーの原因と症状そして対策を調べてみました。

スポンサードリンク

紫外線アレルギーの原因はなに?

紫外線アレルギーは別名「日光アレルギー」「日光過敏症」とも言われています。

そもそもアレルギーと言う症状は、体が外からのものや刺激に対して、自分を守ろうと過剰に反応することにより出るものです。

そしてアレルギー反応は、自分の中にあったアレルギーに対する抗体の限界値が超えた時に症状が発生します。

よくアレルギーのコップにという表現がされますが、ちょっとずつ蓄積されてきたアレルゲンがコップからあふれてしまったときにアレルギー症状がするのです。

紫外線アレルギーも例外ではなく、昔から蓄積されてきた紫外線に対する反応がコップからあふれた時に症状がでます。

ですから花粉症と同じように大人になってから発症する人が多いのも特徴です。

紫外線アレルギーの症状はどんな感じ?

紫外線アレルギーの一番顕著な症状は、日光にあたったところが赤く腫れることです。

その腫れ方がちょっとひどくて、湿疹ができたり、ただれたりすることもあります。

また特に目に症状が現れる人もいて、目が充血したり、異物感を感じます。

その他にも頭痛や吐き気など、熱中症と間違えそうな症状が出る場合もあります。

日光にあたって、これらの症状が出たら、早めに病院で診察を受けてください。

そして単なる日焼けなのか、熱中症なのか、紫外線アレルギーなのか、正しい判断をしてもらったら、それに対する対策をすることができます。

紫外線アレルギー

紫外線アレルギーにかかせない対策

紫外線アレルギーと診断されたら、やることはただ一つ。

「紫外線を浴びないこと」です。

具体的な対策としては、長袖の服を着たり、帽子やサングラスを着用したり、日傘を使ったりなど、紫外線を浴びないようにしましょう。

洋服などでカバーしきれないのなら、日焼け止めクリームはしっかりと塗りましょう。

そしてできることなら紫外線の強い日には外出しないぐらいのことができればなおいいですね。

まとめ

紫外線アレルギーは、花粉症と同じようにある日突然症状が出ることがあります。

具体的な症状としては、紫外線にあたったところが赤く腫れたりと、体の中のアレルギーコップからあふれたタイミングで発症します。

発症させないためには紫外線を徹底的に避けるような対策が必須ですね。

スポンサードリンク
この記事のURLとタイトルをコピーする

 - 健康
 -