ブライダルネイルのデザイン3Dで華やかに!人気色はやっぱり白色?

      2017/03/22

ブライダルネイル

ブライダルに向けて準備が進む中で、ウエディングドレスと共にブライダルネイルのことも気になりますよね。

どんなデザインにしたらいいのか?ネイルサロンにはいつごろ行けばいいのか?

ステキなウエディングになるように、手元の女子力を最高に上げておきましょう。

スポンサードリンク

ブライダルネイルのデザインこうやって決めましょう。

まずはデザインを決めていきましょう。

ブライダル雑誌やインターネットで希望に近いネイルデザインの画像を探してみてください。

もし行きつけのネイルサロンがあるのなら、ブライダルネイルの相談をしてみましょう。

これからネイルサロンを探すのなら、まず電話で問い合わせをしてみます。

その時にまず確認したいことが、「ブライダルネイルをしてもらいたいのですが、デザインの持ち込みはできますか?」ということです。

サロンによってはデザインの持ち込み不可のところがあります。

持ち込み可能のネイルサロンが見つかったら、具体的なデザインの内容を伝えます。

「ベースは白で3Dの花をつけてほしい。ストーンをたくさん使ったアートを2本入れたい」などですね。

そして実際にネイルサロンに行って打ち合わせをします。

ネイルをする時期はネイルのデザインによって異なってきます。

普段使いでも大丈夫なデザインだったら、1週間前くらいからでも大丈夫ですし、もし大きめの3Dやストーンを使うのなら前日にしたほうがいいですね。

参考までにインスタに上がっていたブライダルネイルを集めてました。ブライダルヘアも一緒にみてください。

ブライダルヘアからネイルまで実例をインスタで集めてみました。



ブライダルネイルに花の3Dをつけると華やかになります

せっかくのブライダルネイルなので、普段はなかなかチャレンジできないようなデザインに挑戦してみるのもいいですね。

大きな花の3Dなら、ウエディングドレスにもカクテルドレスにも映えるデザインです。

一番人気があるのはやっぱりバラの花です。

ウエディングネイル

大きめの3Dをつけると取れちゃうのじゃないかと心配になりますが、3Dデザインに慣れているネイルサロンを選べば大丈夫です。

しっかりと付けてくれますよ。

また挙式時のグローブ取り外しで外れたりしないかと心配する人もいますが、グローブは伸縮性が高いのでまず取れることはありません。

もし心配なら指のないグローブ(フィンガーレスグローブ)にしてみるといいですよ。

フィンガーレスグローブ

ブライダルネイルは白基調が基本なの?

ブライダルネイルのデザインを考える時に、まず色で悩みますよね。

花嫁さん=白のイメージが強いので、白を選ぶ人が多いです。

白のフレンチならどんなドレスにも合わせやすいですよね。

中にはカクテルドレスの色に合わせて、赤を選んだり、派手目の色を選ぶ人もいます。

そこで両方を取り入れたデザインとして、白のフレンチを基調として、カクテルドレスに合わせた色のストーンをちらしてみてはいかがでしょうか?

ストーンの中にブルーのストーンが混じっていると、サムシングブルーになりますね。

まとめ

晴れの日の結婚式披露宴でウエディングドレスに負けないように指先まで女子力を上げていきましょう。

普段ならあまりできない3Dフラワーをつけてみると、華やかな印象になります。

ウエディングドレス、カクテルドレスどちらにもシックリとくるようなデザインを選ぶことが大切ですね。

たくさんの雑誌やネットでデザインを調べて、とびっきりのお気に入りを見つけてくださいね。

最新のネイルカタログはこのサイトでチェックできます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ブライダル

スポンサードリンク
この記事のURLとタイトルをコピーする

 - 結婚式
 -