髪の毛を美髪にする乾かし方タオルドライの極意とドライヤーの使い方

      2016/07/16

ドライヤー

ロングヘアの人にとって、夏の季節にドライヤーを使うことほど憂鬱なことってないですよね。

髪の毛ってちゃんと乾かさないで生乾きの状態でいると、なんとなくにおってくるのも気になります。

折角お風呂に入ったあとなのに、ドライヤーをかけるだけでまた汗だくに…

特に夏を乗り切るためのドライヤーの使い方をご紹介します。

スポンサードリンク

髪の毛の得する乾かし方!自然乾燥でも大丈夫なの?

夏の暑い季節に、髪の毛をドライヤーで乾かしていますか?

もしかしたら暑いのが苦手なので、自然乾燥で済ませている方もいるかもしれませんね。

自然乾燥で生乾きのまま寝てしまうと、翌朝、髪の毛は爆発状態で、収集がつかないという話もよく聞きます。

自然乾燥はこの生乾きがが爆発しているという経験がある人もいました。

暑い夏の日でも一番やめておいたほうがいいことが、この生乾きです。

生乾きの状態だと、毛根に負担がかかり、また雑菌も発生しやすくなります。

すると抜け毛が増えるんですね。

朝起きた時に、枕にたくさん髪の毛がついていたら要注意です。

髪の毛は根元からしっかりと乾かしてください。

それが美髪への第一歩です。

スポンサードリンク

髪の毛を乾かす時はタオルドライがポイント

お風呂あがりに髪の毛を乾かすとき、まずはタオルドライをしっかりとしておきましょう。

まず最初に使うタオルは吸湿性の優れたマイクロファイバーのタオルを使ってみましょう。

普通のフェイスタオルと比べると約3倍の吸湿力で髪の毛を優しく包んでくれます。

 

このマイクロファイバーのタオルでおおかたの水気をとったあと、普通のフェイスタオルでもう一度タオルドライをします。

そうするとまだ残っている水気を上手に取ることができます。

ドライヤーをかける前には、髪の毛の表面を守る意味でも、流さないタイプのトリートメントを使うといいですね。

私のイチオシはケラスターゼのソワンオレオリラックスです。

 

これをロングヘアの場合は、3プッシュくらい手にとって、髪全体になじませます。

それからドライヤーをかけるようにしましょう。

ドライヤーをかけていると毛先の方に水気が降りてきますが、それも2枚めのフェイスタオルで取るようにします。

髪の毛を素早く乾かすドライヤーの使い方

夏にドライヤーをかけていると汗まみれになってしまいますよね。

エアコンがガンガン効いた部屋でかけると大丈夫かもしれませんが、それもなかなか難しい場合には、扇風機を使ってみましょう。

扇風機の風をドライヤーと併用してあてるようにします。

そうすると熱がこもらないので、楽にドライヤーを使うことができます。

乾かす時のポイントは根元から乾かすこと。

そして同じ所にずっと熱風をあてるのではなく、ドライヤーを持っている手を動かしながら、まんべんなく当たるようにしましょう。

手間を惜しまないのなら、ちゃんとブロッキングしてから乾かすとより早く乾きます。

まとめ

暑い夏の日のドライヤーは面倒だし、できれば省略したいですが、生乾きの状態が長く続くと、毛根の負担となって抜け毛が増えます。

雑菌の心配もあるので、面倒くさがらずに根元からしっかりと乾かしましょう。

熱がこもらないように扇風機を併用すると、汗だくにならずに乾かすことができますよ。

スポンサードリンク
この記事のURLとタイトルをコピーする

 - 美容
 -