子どもの虫歯予防は安全な歯磨き粉を使えば嫌がることなくできる!

子どもの歯磨き

子供の虫歯予防をするためには、どうすればいいのでしょうか?

虫歯になる原因は、食後の歯磨き不足や甘いものを食べすぎないとかジュースを飲みすぎないとか、食生活も大きく関わってきます。

一度虫歯になってしまうと、歯医者さんに連れて行ったり、それも数ヶ月もかかることが普通なので、ワーママにとってはその負担もハンパないです。

できるだけ最低限の努力で虫歯を予防できればいいなって思いますよね。

そこで登場するのが虫歯予防の歯磨き粉です。

子供の虫歯予防はできるだけ早い時期から始めましょう。

子供の虫歯予防のためには歯磨きが欠かせないわけですが、小さなお子さんを持つご家庭の歯磨き事情はどうなっているのか調べてみました。

子供の歯磨き調査結果

■子供の歯磨き回数と時間
歯磨きの回数は「1日1回」が最多で54.3%、次が「2回」で35.4%でした。最多でした。
1回あたりの歯磨きの時間は、「1分以上2分未満」が最多で38.1%、次が「1分未満」で27.9%です。

■子供の歯磨きに対する親の意識
子供の歯磨きは「重要である」と考えている人は97.7%にもなります。ほとんど全員ですね。
その一方で重要なのはわかっているけれど、適切な方法で十分な歯磨きをできていないと自覚している人が88.3%です。

なぜ適正な歯磨きができていないのか?

その理由は「子供が嫌がる」が一番多くて73.7%になります。
そしてワーママに多かった理由が「時間がない」です。その割合は31.8%。
これは専業主婦の方の数値の倍の多さです。

■子供の歯磨きで悩んでいること
子供の歯磨きに関する悩みは、やはり「子供が歯磨きを嫌がる」が一番多かったです。次に「正しいやり方がわからない」「子供がちゃんと磨けているかわからない」と心配の声が聞こえました。

■子供の歯磨きで工夫をしていること
子供の歯磨きの工夫は、一番わかりやすいところで「子供の好きなキャラクターの歯ブラシを使う」です。
歯磨きに対する苦手意識を少しでも和らげてあげる効果がありそうですよね。

そして歯磨き粉の味も「子供が好きな味にしてあげる」人が多かったです。

出典:ウィステリア製薬調べ

子供用の歯磨き粉は安全第一

子供の歯磨きの大切さはほとんどの親が理解しているけれど、時間がない、やり方がわからないと悩んでいる人が多かったですね。
歯磨きが苦手な子供にちゃんとした歯磨きをしてあげる、させるためには、歯磨き粉選びも大切です。

口の中に入れるものなので、その安全性には重点を置いてください。

今注目されている無添加で国内生産の子供用の歯磨き粉があります。

最近雑誌や新聞でも大きく取り上げられている「ブリアン」という歯磨き粉です。

ペースト状の歯磨き粉ではなくて、粉状の歯磨き粉なのですが、粉状であるからこそその細かい粒子が、虫歯の元となる歯垢を取り除いてくれます。

その細かい粒子の正体は善玉菌の「BLIS M18」です。「BLIS M18」はニュージーランドにて虫歯になりにくい子供たちを研究することによって発見された乳酸菌です。

「BLIS M18」は殺菌剤や熱に非常に弱いという性質があるので、ブリアンには殺菌剤・発泡剤・界面活性剤が含まれていません

それ以外にも研磨剤・合成着色料・刺激・保存料・パラベン・グリセリン・ポリエチレングリコール・ラウリル硫酸ナトリウム・添加物・フッ化ナトリウム・酸化防止剤・シリコンが含まれていません。

ブリアンの公式サイトはこちら
⇒ http://kodomohamigaki.com/

子供が歯磨きを嫌がる理由はこれ!

子供が歯磨きを嫌がる理由は、口の中がアワアワになる感覚や歯磨き粉の味などがありますが、子供の立場から見ると、仕上げ磨きをする「ママやパパの顔」も大きな原因となっていることがあります。

ママやパパはちゃんと仕上げ磨きをしようとして、無意識のうちに怖い顔になっていませんか?

親が身構えると子供はその空気を察知して逃げてしまうんですね。

だから子供が歯磨き嫌いにならないためにも、ママやパパがゆったりとした気持ちで仕上げ磨きをしてあげるようにしましょう。

子供の虫歯予防に最適な歯磨き粉のブリアンは、子供たちが大好きないちご味です。

歯磨き粉なのにこんなに甘いのってびっくりするかもしれません。

子供たちもブリアンを気に入って、自分から率先して歯磨きをしてくれるようになります。

子供の虫歯予防に、安全な成分で作られている無添加の歯磨き粉ブリアンは、歯磨き嫌いの子供たちを歯磨き好きに変身させる力を持っていますよ。

ブリアンの公式サイトはこちら
⇒ http://kodomohamigaki.com/

まとめ

子供の虫歯予防は、適切な歯磨き粉を選ぶことが大切です。歯磨き嫌いの子供たちも、一度使うとすっかりその虜になってしまうブリアンは、歯医者さんへ通う煩わしさからも開放してくれるので、ワーママにとって救世主となる歯磨き粉です。

208