派遣先のバレンタイン義理チョコはあげる?あげない?円満な方法は?

   

派遣のバレンタイン

派遣の人は派遣先の会社が変われば、その会社のルールを早く覚えて馴染む努力が欠かせません。

まずは一番覚えたいことはもちろん仕事のことですよね。

それと平行して人間関係も円滑に運ぶように気を回すのは正直疲れます。

年に1度のバレンタインデーはどういうふうに乗り切ればいいのでしょうか?

スポンサードリンク
  

派遣先のバレンタインどうしますか?

バレンタインの季節になると気になるのが義理チョコです。

派遣で働いている人は毎年のように通っている職場が変わるのも珍しくありません。

変わるたびに今年のバレンタインはどうしようかって迷ってしまうのは当然ですよね。

派遣といえば仕事だけしていればいいというわけにはいきませんよね。

職場での円滑な人間関係を保つのもお仕事の一つです。

じゃあバレンタインの義理チョコはどうすればいいのか?

まずは調査から始めましょう。

派遣先でも義理チョコについて調べてみる

新年が明けた頃に同僚に確認してみます。

毎年この職場ではバレンタインの義理チョコを配る風習があるのかないのか?

ひとりひとり個人で渡しているのか、あるいは全体でまとめて渡してるのか、さまざまなパターンがあるはずです。

派遣でお世話になる会社の風習をリサーチすることが一番大切です。

自分で考えただけで行動してしまうと、会社の輪を見出してしまう行動になりかねませんので気をつけましょう。

リサーチをした上で、バレンタインの義理チョコを渡すのか渡さないのか。

渡すとしたら個人で用意するのか、みんなで一緒に用意するのかがわかります。

スポンサードリンク

義理チョコをあげる?あげない?どうする?

会社の女性社員にリサーチをした上で義理チョコをあげるかあげないかが決まると思います。

派遣先の会社の風習に従うのが一番波風の立てずに穏便にすませる方法ですよね。

ではリサーチの結果「あげる人もいればあげない人もいる、適当だよ」だった場合はどうしましょうか?

この場合は、義理チョコをあげるを選択したほうがいいです。

バレンタインといえばお返しのホワイトデーがあるわけですが、男性社員は誰からもらった誰からもらってないといちいチェックをしていない人が多いです。

男性社員もお返しをする人はする、しない人はしないにわかれるので、チョコをあげていないのにお返しだけもらうというケースがでてきます。

あげたのにもらわなかったなら、そのことは自分の中にそっとしまっておくことはできても、あげていないのにもらうほど後ろめたいことはないですよね。

ですから派遣先で義理チョコの基準が決まっていなかったら、ささやかなもので構いませんので皆さんに配っておきましょう。

まとめ

派遣先のバレンタインは基本的にはその職場の風習に従うのが一番円滑にすませる方法となります。

そのためには女性社員の方々にリサーチをしてみましょう。

もし特に取り決めがなくて各自自由にしているという派遣先なら、義理チョコを渡す方向で考えた方がいいでしょう。

派遣だといろいろと気を使うことが多いですが、これも仕事のうちと割り切って考えるとラクですよ。

スポンサードリンク
この記事のURLとタイトルをコピーする

 - イベント:冬
 -