小鼻の黒ずみを取る方法は?毛穴の黒ずみには保湿もできるクレイ洗顔

クレイ洗顔

小鼻の黒ずみがあるとメイクをしていてもそこだけメイクのりが悪くてイヤになっちゃいますよね。

毛穴掃除をしようと毛穴パックを使ったり、無理やり角栓を押し出したりすると余計に毛穴が広がってしまいます。

毛穴の黒ずみを取るための最善の方法は洗顔のやり方にあります。その方法についてまとめてみました。

小鼻の黒ずみを取る方法オススメはこれ

小鼻の黒ずみを取る方法として一時期流行ったのが毛穴パックです。

それには裏技があって、先にオロナインを小鼻に塗って、しばらく置いてから毛穴パックをすると、びっくりするほどごっそりと角栓が取れることから、オロナイン+毛穴パックを使う人が多かったです。

しかしこの方法は、角栓を取った後のケアをしっかりとしておかないと、毛穴が広がったままになってしまうので、黒ずみができやすくなってしまうというデメリットがありました。

また角栓と一緒に表皮も取ってしまうので、乾燥肌や敏感肌の方々は肌荒れに悩んでいました。

毛穴パックを使っても大丈夫なほど肌が丈夫な人なら、週に1回くらいの割合で使っても大丈夫ですが、そうでない人はクレイ洗顔をやってみてください。

クレイ洗顔は泥洗顔とも言われますが、その名前のとおり泥で洗顔をすることです。

泥で洗顔というと、泥を直接肌になすりつけようなイメージでなんだか痛そうって思いませんか?

私も最初は誤解していました。

クレイ洗顔に使う泥の粒子はめちゃくちゃ細かいので、肌を傷つけるのではなく、汚れを吸着して落としてくれるのです

だから小鼻の黒ずみにも効果が期待できます。

クレイ洗顔で一番認知度があるといえばどろあわわですね。

あの芸能人でも多数の人が「結果にコミット」したライザップで有名な会社が作っている泥洗顔料です。

毛穴の黒ずみにはやっぱりクレイ洗顔

どろあわわにはミクロ粒子の2種の泥(沖縄の泥と言われるマリンシルトと火山灰であるベントナイト)が含まれていて、肌に溜まっている汚れや古い角質を吸着して落としてくれます。

汚れを落としてくれるだけではなくて、4種類の保湿成分が汚れを落とした後の肌のキメを整えて、洗顔の後に使う化粧水の入りをよくしてくれるのです。

4種類の保湿成分の中には、豆乳発酵液が含まれていて、これがいい働きをします。

豆乳発酵液の原料は大豆です。大豆と言えばイソフラボンですよね。

豆乳発酵液はそのイソフラボンがたくさん含まれていている豆乳を発酵させることによって、分子を細かくしてあるので、肌への浸透力が高いのです。

この豆乳発酵液が入っているから、どろあわわで洗顔した後のお肌は乾燥することなくしっとりとしています

初回半額で買える公式サイトはこちら
↓ ↓ ↓
http://www.kenkoucorp.com/

クレイ洗顔だけど保湿ができる新商品

クレイ洗顔のどろあわわは、発売開始以来668万個も売れている人気商品です。

そのどろあわわから冬季限定販売の商品がでました。

どろあわわ<しっとリッチ>」110g 単品2,980円(税別)です。

今までのどろあわわと違う点は、オイル成分が含まれていることです。

アルガンツリーの実から採取される貴重なアルガンオイルと保水力が高いと言われるホホバオイルがブレンドされているので、冬の乾燥肌にたっぷりとした潤いを与えてくれます。

またジンジャーエキスが含まれているので、お肌の血行が良くなり血色のよいお肌に仕上げてくれます。

クレイ洗顔を試してみたいけれど、乾燥が気になるという方にはぴったりの商品ですね。

http://www.kenkoucorp.com/goods/shittori/
DOROwa どろあわわ<しっとリッチ> 

まとめ

毛穴の黒ずみをきれいにしたいと思ったら、まずはクレイ洗顔を試してみてください。

クレイ洗顔の代表とも言える商品がどろあわわです。今まであなたがクレイ洗顔に抱いていたイメージが見事に払拭されますよ。

小鼻の黒ずみがなくなるとそれだけで肌に透明感がでて、化粧ノリもよくなっていい事ずくめです。