大人女子のメガネ鼻パットあとのつきにくい軽いメガネを探してみた

大人女子メガネ

メガネをかけたら仕事スイッチがオン!

そんなメガネ女子におすすめしたい大人の女性用メガネブランドのご紹介です。

洋服を着替えるかのようにメガネを着替えて、仕事やプライベートに「ワタシ」であることを楽しんでみませんか?

大人女子におすすめのメガネは?

大人女子が望む理想のメガネブランドを、老舗のメガネメーカーであるビジョンメガネが立ち上げました。

その名前は「cocoroto(ココロト)」

「仕事でもプライベートでも掛けられる軽いメガネがほしいが、 お洒落にもこだわりたい」「掛け心地は一番気に入っているが、 デザインが良いものがほしい」 という働く女性の意見を取り入れて作られたブランドです。

cocoroto(ココロト)のこだわりポイント

新技術のアセテートを採用
メガネのフロント部分はアセテートを使っています。それも世界一薄くて美しいアセテートなので、従来のものと比べると50%も薄くて、軽さは40%も向上しています。

耐久性
一日中かけているメガネなので耐久性があるように、チタンをアセテートで挟んで変形しにくく加工されています。

疲れにくいかけ心地
長時間かけていても疲れないように、フレームにバネ性を持たせて、締めつけ感を感じないように工夫されています。鼻パットは跡がつきにくいパットを使用しているので、お化粧崩れの心配がいりません。

鼻パットの跡って気になりますよね

メガネをかけたり外したりする人は、外した時の鼻パットの跡が気になりますよね。

普通のメガネだとメガネの重みで鼻パットに圧力がかかるので、メガネを外すと鼻の両脇にくっきりと鼻パットの跡が残ります。

跡がついてしまうと、しばらくはそのままになってしまうので、ちょっと恥ずかしいです。

付いてしまった跡に、蒸しタオルをあてておくと、段々と回復してくるのですが、いつもいつも蒸しタオルを用意するわけにはいきません。

なるべく鼻パットの跡がつかないような工夫をしてみましょう。

鼻パットの跡がつかない工夫

1メガネ屋さんで調整してもらう

鼻パットがつくメガネは、あなたの顔にフィットしていないかもしれません。
そのために必要以上の重みがかかって、跡がついていることがあります。

その場合には、メガネ屋さんであなたの顔に合うように調節してもらいましょう。

2 鼻パットをシリコン製に変える

今、メガネについてる鼻パットがプラスチック製のものならば、クッション性の高いシリコン製の鼻パットに変えてみましょう。

それだけで鼻パットにかかる圧力の分散だ良くなるので跡がつきにくくなります。

3 鼻パットのないデザインを選ぶ

鼻パットがないデザインのメガネは、つるの部分で顔をはさむことによって安定させます。

このタイプのメガネは確かに鼻パットの跡はつかないのですが、顔をはさんでいるので、こめかみ部分が痛くなったりします。

やっぱり軽いメガネを選びたい

メガネを一日中、快適にかけるためには、メガネの重さが重要視されます

重たいメガネはそれだけ負担がかかるので、疲れやすくなります。

大人女子におすすめの新メガネブランドcocoroto(ココロト)のメガネは、なんとたったの15gです。

驚きの軽さですね。

cocoroto(ココロト)のメガネには3つのタイプがあります。

Sissy(シシー)
ウエリントンを日本人女性向けに縦幅を浅くし、 顔型に合いやすくしたモデルです。

CoCo(ココ)
ややつり目なフロントフレームにより、 リフトアップ効果が得られるデザインです。

Kate(ケイト)
キャリアウーマンをイメージしたスクエアデザインです。

それぞれカラーバリエも4色づつあるので、きっとあなた好みのメガネが見つかるはずです。

大人女子にぴったりの軽量メガネcocoroto(ココロト)は要チェックですよ。

まとめ

仕事にプライベートに使い分けてもいいし、ずっと同じメガネをかけてもいいし、長時間使っていても疲れないメガネがcocoroto(ココロト)のメガネです。

世界一薄くて美しいアセテートとチタンがコラボしている大人女子メガネは一見の価値アリです。