ホワイトデーのお返し贈る花束その意味は?鉢植えを選んでも大丈夫?

ホワイトデー花束

ホワイトデーのお返しに花束を贈りたいんだけど、どの花を選べばいいのかな?選んではいけない花ってあるのかな?

花には花言葉がありますよね。その意味を知っておくと知らないとでは大違いです。

普段あまり花屋さんになじみのない方でも迷わずに選べる花束について調べてみました。

  

ホワイトデーのお返しに贈りたい花束

ホワイトデーのお返しを考えた時に「女性が喜ぶもの=花」という図式が頭に浮かぶ人が多いと思います。

実際に女性は花束が大好きですからね。

一口で花束と言っても生花・造花そして最近人気のブリザードフラワーなど種類もいろいろです。

生花は文字通り「生きている花」です。花の種類にもよりますが、だいたい数日から1週間くらいで枯れてしまいます。

造花はこちらも文字通り「造った花」です。布やプラスチックなどで作られているので枯れることはありません。

そして生花と造花のいいとこ取りをしたものがブリザードフラワーです。

ぱっと見ただけでは生花のように見えますが、生花から水分を抜き取ることにより、枯れにくく加工をしてあるので、生花よりも格段に長持ちします。

だいたい1~2年位は綺麗なままで楽しむことができるので、結婚式のブライダルブーケをブリザードフラワーにしたり、両親の結婚記念日のお祝いに花を贈りたい時にブリザードフラワーが選ばれたりします。

ホワイトデーの花束にはどのタイプが適切だと思いますか?

一番選んでほしくないのは造花です。造花ってどうがんばっても作り物のイメージが拭えません。せっかくのホワイトデーのプレゼントにはふさわしくないと私は思います。

生花かブリザードフラワーかとなれば、おすすめしたいのは生花です。

ブリザードフラワーは生花に比べると高価な花束になります。そして贈る場面も結婚式や結婚記念日など人生の節目となるイベントの時が多いです。

ホワイトデーはそれらのイベントほど重要視されることもないので、そんな時こそ消え物に近い生花の花束を選んでみましょう。

ホワイトデーの花束その意味は?

ホワイトデーに花束を贈ることが決まったら、次はどの花を選ぶかですよね。

実際にホワイトデーにどんな花束を贈られているのかTwitter画像から集めてみました。

小さな花束から大きな花束まで色とりどりです。

渡すお相手の好きな色がわかっていたら、その色を中心に花束をまとめてみるといいかもしれません。

好きな色がわからないのなら、カラフルに混ぜてしまってもいいと思います。

気をつけたいのは花のもつ意味、花言葉です。

ホワイトデーにふわさしくない花言葉の花を選ばないように気をつけてくださいね。

上品な花束になるゆり

ゆりは1本入っているだけでもゴージャスな花束になりますよね。

選ぶのなら「白いゆり」を選びましょう。色がついてくるとちょっと微妙な意味合いになります。

白…純潔、無垢
赤・ピンク…虚栄心
黄色…偽り、陽気
オレンジ…軽率、愉快

春の訪れチューリップ

ホワイトデーは春先なのでチューリップも喜ばれる花です。

選ぶのなら「赤」「ピンク」「紫」にしておきましょう。

赤…愛の告白
ピンク…愛の芽生え、誠実な愛、恋する年頃
紫…永遠不滅の愛
オレンジ…照れ屋
黄…名声、実らぬ恋
白…失われた恋

贈る花束に迷ったらお花屋さんを覗いてみましょう。
今は便利に通販でも買うことができるので参考にしてみてください。

ホワイトデーのフラワーギフト

ホワイトデーに鉢植えはあり?

ホワイトデーに鉢植えを選んでもいいのかな?ダメなのかな?

鉢植えは入院している人の御見舞品としてはふさわしくないと言われていますが、ホワイトデーでは何の問題もありません。

特に最近は小さなサボテンとか観葉植物も人気があります。

サボテンでもこんなにかわいい花が咲きます。サボテンだとお手入れも比較的簡単なのでプレゼントには最適ですね。

またちょっとゴージャスなホワイトデーの花束としてはニコライバーグマンのフラワーボックスがおすすめです。

ニコライ・バーグマンの公式サイトではオンラインショッピングもできるのでのぞいてみてくださいね。

まとめ

ホワイトデーに花束を贈るのなら花言葉に注意しながら、贈るお相手の好きな色を中心に花を選んでみましょう。

どの花がいいのか全然検討もつかない時にはお花屋さんで相談です。

鉢植えで選ぶのなら小さめのサボテンが育てやすいのでおすすめです。

ゴージャス派の方はニコライ・バーグマンのボックスフラワーはいかがですか?おしゃれな女性へのプレゼントにぴったりですよ。